働き方を考えるブログ※転職サイト運営者の本音ブログ

転職サイトを運営してる中の人のブログです。苦悩や業界についての考察、独自の働き方への意見を発信しています。

【保存版】転職で後悔しない為に失敗する人のありがちな行動5選

f:id:job-shift:20171027164706j:plain

 

転職とは本来自分自身の生き方をより幸せにするために人生を掛けて取り組むものであり、転職しなければ良かった等決して後悔しないよう最善を尽くす必要があります。

ところが、転職で成功し、更なる幸せを掴んだという人がいる一方、転職が失敗だったと訴える人が後を絶たない現状があります。

そこで今回は転職における「失敗事例」に着目し、それを他山の石とすることで転職を成功させるための大切な視点やポイント、考え方などを学んで頂きたいと思います。

失敗事例だからこそ学べることが必ずあります。「自分とは無関係」と決め付けず、この5つの失敗事例を通じて冷静に転職を考える機会にぜひして下さい。

 

失敗例その1:収入アップだけを目的に転職してしまった

営業マンだったA氏は現職の給与の少なさに大きな不満を感じていたので、収入アップを目指し、給料や歩合の条件の良さだけに釣られて他業界のある企業へ転職を図りました。

しかし、同じ営業職といっても業界や会社によってそれぞれのやり方やスタイルがあります。

加えてA氏は前職で「個人営業」だったのですが、転職先は「法人営業」であることも大きな違いとなりました。そのため、なかなか思うように成果を出すことが出来ず給与はアップするどころか逆に下がってしまいました。

しかも成績が出せないことから周囲から馬鹿にされているように感じられる日々となり、A氏はまた新たな転職先を検討せざるを得ない状況となってしまったのです。


どんなタイプに多い?

こうした失敗を犯す人は「お金を得ることが人生の目的」となってしまっている人、わかりやすく言えば「儲け話にすぐ飛びついてしまうタイプの人」と言えます。

そのため給料の条件さえ良ければ、その点だけで求人案件が全て魅力的に思えてしまい、詳しい仕事内容や給与以外の勤務条件、求人企業の風土や営業体質などを軽視して求人に応募してしまうことからこうした失敗を招いてしまいます。

 

対策は?

転職は「給料」が全てではありません。前職より給料が下がっても転職先の職場や仕事内容に大変満足したことで、転職としては「成功」と言える場合だってあるのです。

このようなタイプの人は特に給料以外の条件を給料と同等、もしくはそれ以上に重視すること、給料以外の条件などについても時間をかけて真剣に且つ慎重に評価、検討することが何より大切です。

 

 

 

失敗例その2:とにかく現職の人間関係が嫌という理由だけで転職してしまった

B氏は現職の上司と性格的に合わないだけでなく、同僚ともあまり良好な関係を築けなかったことで、現職に勤めることが嫌で嫌でたまらなくなってしまいました。

その結果、「転職さえできればどこでも良い。とにかく一刻も早く現職からオサラバしたい」と思いつめるようになり、焦って転職してしまいましたが、結局、新たな転職先でも同様に馴染めず、転職先もわずか数ヶ月で辞めてしまうことになりました。

その後は転職活動自体が上手くゆかず、現在フリーターとして生計を立てています。


どんなタイプに多い?

協調性がない人が一番ですが、子供っぽい性格の人、ちょっとしたことでも我慢ができずにすぐにふてくされたり、不満をあらわにしてしまう人は、周囲が近寄りがたく感じてしまうため、孤立しやすくなります。

つまり、自身が反省したり、我慢したり、歩み寄ったりという視点をもてない人がこうした転職に走ってしまいがいちです。

 

対策は?

B氏の事例が物語っているとおり、仮に現職での人間関係が嫌で職場を変えたとしても、組織で働く以上他者との関わりは必ず生じるものであり、新たな職場で同様な人間関係上の不満やトラブルが生じないとは限らないことをまず転職の前提として理解しておくことが大切です。

その上で、「人間関係が嫌だ」といった後ろ向きな理由からではなく、転職することでステップアップを図りたいといった前向きな理由が生まれてこない限り、転職を考えないことが最良の対策になると言えます。

 

 

 


失敗例その3:「青い鳥症候群」で転職をしてしまった

C氏はとくに職場や仕事に対して大きな不満があった訳ではありませんが、ただ何となく現在の職場に留まっているだけではだめではないか、転職すればもっと人生が広がり、やりがいや幸せを感じることができるのではないかといった思いに囚われてしまいました。

その結果、転職を果たしたのですが、またしばらくすると同様な思いに囚われてしまい、二度目の転職をしましたが、またまた同様な思いに囚われてしまうことになります。

それで三度目の転職を果たそうとしましたが転職を繰り返している履歴が敬遠され、なかなか転職先が決まらず、そのため不幸感だけが募り、とうとう軽度のうつになってしまいました。


どんなタイプに多い?

この事例はいわゆる「青い鳥症候群」に陥っているタイプの人の典型的事例です。

俗に言う夢追い人であり、現在の仕事への不安や不満より「もっと自分にあっている職場や仕事があるはず」と考えてしまう人です。

性格的には思い込みの激しい人や計画性のない人、社会人として成熟していない面がある人がこうした青い鳥症候群に陥りやすくなってしまいます。

対策は?

例えば「時々そのように思うことがある」といった軽度の青い鳥症候群の人にオススメの対策は、現在の職場、仕事内容、生活で良いと思えることを徹底的に考えてみること、毎日自分の仕事や生活を振り返ってみて「良かった」と思えたり、ささやかなことでも良いので「幸せだ」と思えたりしたことを必ず一つ以上発見することを日課とすることです。

また、青い鳥症候群が強い人は心療カウンセラーとの面談を通じて、心のケアをプロから施してもらうことをオススメです。

 

 

失敗例その4:特定企業や特定業界へのイメージや憧れだけが募って転職してまった


D氏は大卒時からある有名企業への憧れが強く、新卒時にその企業へ就職できなかったことをずっと悔やんでいました。そんなある日、その憧れ企業が中途採用者を募集していることを知り、後先考えずに中途採用試験に応募し、見事採用されました。

ところがD氏は憧れ企業に転職してから「失敗だった」と悔やむ日々を過ごしています。

憧れの企業での仕事が自分のイメージと大きく異なり泥臭く、地味な上、しかも特定大学の学閥がとても強く、よほど大きな仕事の成果をあげない限り出世することが大変難しい状況にあること等々が在職後にわかったためです。

 

どんなタイプに多い?

特定企業や特定業界に対してイメージや印象、評判だけで企業の善し悪しを判断してしまう人がこうした転職を行ってしまいがちです。

性格の傾向としては物事を冷静、客観的に分析することを苦手としている人や、多角的に情報を集めることを面倒に感じるタイプの人、多様な視点を持てない人にそうした転職を行いやすい傾向が見られます。


対策は?

憧れを感じている企業があるなら、あえてその企業の悪い点や短所、批判や悪口を特に徹底的に調べることです。

次にそうした情報を見ても尚、自分の思いが変わらないかを冷静に自己分析することです。

また、転職ですから企業ブランドやイメージだけではなく具体的な職務内容や条件も詳しく調べた上で、自分にとって適職かどうかを客観的に検討する機会を必ず設けること、例えば転職アドバイザー等プロのアドバイスや意見を聞く機会を設けることです。

そうした機会を経るまでは、決して求人があっても応募しないことをルールとすることです。

 

 

 

 

 

失敗例その5:未経験でも自分なら大丈夫と思って転職してしまった

E氏は現在の事務職が嫌いな訳ではないけれども、何となく「飽きてきた」といった気持ちが芽生えてきたため、他の職種への転職を真剣に検討するようになりました。

その結果、未経験だったけど自分は人と話すことが嫌いではないし、何より職場の外で自分で行動計画を立てて活動できる仕事のスタイルが魅力的に思えたので、外勤営業へ職を変えることにしました。

ところが、皆さんもご存知のとおり営業職はそんなに甘い職種ではありません。

結局E氏は半年近以上売上げで一度もノルマを超えることができず、職場から追われるように辞めざるを得なくなってしまいました。

 

どんなタイプに多い?

青い鳥症候群の人も含まれますが、特にこの場合は自分に対する向こう見ずな自信がある人、即ち自分を過信している人がまずあげられます。

その他、どんな職種においても必ずある長所、短所の内特に短所を考えなかったり、検討しようとしなかったりする人がこうした失敗を犯しやすいタイプと言えます。

 

対策は?

別の職種への転職を考える場合にはネット情報などでその職種へ転職して成功した人の意見や体験談ばかりでなく、失敗したという人の意見や体験談も多数集めることができますので、それらの情報も収集し、数多く目を通すことが大切です。

また職種紹介を行っているネット記事や本、雑誌などから情報を得る場合もその職種の長所だけでなく「短所」も紹介している情報媒体を重視し、短所についても丹念に調べることが不可欠です。

こうした長所、短所両面にバランスよく目を向けることが特に職種を変える場合の転職を成功させるためのカギとなってきます。

 

参考:

paiza.hatenablog.com