働き方を考えるブログ※転職サイト運営者の本音ブログ

転職サイトを運営してる中の人のブログです。苦悩や業界についての考察、独自の働き方への意見を発信しています。

非喫煙者が採用条件は合法?企業が喫煙者をふるい落とす理由

f:id:job-shift:20170905134401j:plain

 

喫煙者に対する風当たり、日を追うごとに強くなっていますよね。
ちょっと狂信的に感じてしまうのは、自分だけでしょうか?
そもそも単なる嗜好品のひとつで、国が使用を認めているもの。そこら中に売っていますし。
そこで、喫煙を条件に採用の合否を判断することについて、考えてみます。


星野リゾートの「非喫煙者採用」の不思議


結果から言うと、これは「合法」とされました。結構最近の話なので、覚えている方も多いと思います。


一応、日本の憲法では「経済活動の自由」を認めているため、企業が「特定の思想や信条を理由に採用を拒否しても違法ではない」という判例が過去にあります。
ただ、タバコを吸うことが「思想や信条」に当たるかは微妙な気がするのですが…。


あくまでも嗜好品なはずで、理屈の上でアルコールや食べ物の好き嫌いと何が違うのでしょう?


星野リゾートでは、「たばこには中毒性があって集中力が落ち、作業効率が落ちる」という理屈を展開していますが、これもちょっと気になります。


例えば「野菜が嫌いな人、食べられない人はビタミン不足で不健康になりがちで、作業効率や集中力が落ちる」という理屈、通用するんですかね?
肉でも魚でも全く同じことがいえます。


実際、野菜不足で病気になる人結構いますよね。野菜を日常的に食べているかどうかなんて、タバコより判別しにくいですし。
それにお酒なんか、ある意味タバコ以上に作業効率落ちますよ。二日酔いの人、午前中いっぱい使い物にならないじゃないですか(笑)

news.mynavi.jp

 

結局は心証やブランドイメージなのでは?


そう考えると、嗜好品を理由に採用を拒否っていうのは、法律的には問題がなくても理屈としては抜けがあるように思います。
しかし、喫煙者かどうかを採用の判断に加える風潮は、確実に広まっている気がします。なぜでしょうか?


それは、「喫煙=悪」というイメージが不自然に強まっているからです。


大半は副流煙による周囲への影響が発端だと思うのですが、これを克服する便利な道具は最近バンバン売れてますよね?
アイコスみたいな加熱式で煙もニオイもまき散らさないやつです。


これを言うと「息が臭い」と反論されますが、じゃあお酒は?ニンニクは?餃子も焼肉も嫌いな人にとっては地獄ですよ。

 

私個人しては、喫煙を非難すること自体が「企業のブランドイメージ」や「消費者の心証」を良くすることから、対策しているに過ぎない気がします。
あとは話題性による宣伝効果ですかね。

 

禁煙・嫌煙は悪ではない。タバコ「だけ」が標的なのが悪

f:id:job-shift:20170905134500j:plain


私自身、タバコは辞めました。理由は単にお金がかかるのと、吸うところを探すのが大変だから。
正直、他人の迷惑はあまり考えていません。もともと禁止されているところでは吸いませんでしたし。

 

私が違和感を覚えるのは、タバコ「だけ」が標的になっている不自然さに対してです。
アルコールなんか脳に直接侵入して思考をかき乱し、果ては殺人行為にまで発展するのに、ろくに規制されません。


アルコールとゲロのにおいがまざった終電の車内、非飲酒者にとっては地獄です。それでも規制されません。
タバコ並みに規制を厳しくするなら、日常的な飲酒者は運転免許剥奪くらいになってもおかしくないのです。


日本がアルコールに寛大すぎるというのはありますが、ちょっと異常だと思いますね。

したがって、喫煙「だけ」が採用の条件になる社会には違和感があります。
どうせ規制するなら、アルコールもセットでやってくれたら納得するんですけどね。

gigazine.net