働き方を考えるブログ※転職サイト運営者の本音ブログ

転職サイトを運営してる中の人のブログです。苦悩や業界についての考察、独自の働き方への意見を発信しています。

キャバ嬢で派遣する人の年齢とバックグラウンドを考察してみた

f:id:job-shift:20170529105054j:plain

以前「キャバ嬢ならスカウトはNG|おすすめキャバクラ派遣ランキング」という記事を書かせていただきましたが、派遣というと事務や軽作業のイメージが強かっただけに「キャバ嬢専門の派遣会社ってこんなにあるのか!」と驚いてしまったものです。
ノルマがない代わりに、どんなに売り上げを上げたとしても給料に頑張りがほとんど反映されない派遣キャバ嬢。しかしそれでも派遣キャバ嬢を選択する女性のバックグラウンドは切実なものも多いのです。
そこでキャバ嬢派遣を選択する人に多い年齢層と、バックグラウンドを考察してみました!


確実に進むキャバ嬢の低年齢化!学生も気軽にバイトできる


法律ではキャバクラで働くのは18歳を過ぎてからと決められています。メディアでもキャバ嬢がもてはやされるようになったことや、若い方が稼ぎやすい傾向にあることから、キャバクラで働くことに抵抗を示す女性も少なくなりました。
キャバ嬢の時給は最低でも2,000~3,000円と、一般的な学生アルバイトと比較するとかなり高額。この金額を聞けば1,000円程度の時給で働くのがバカバカしく感じてしまう人もいるでしょう。
高額で魅力に思えるキャバ嬢ですが、大学生である場合、日中は大学の講義やテストで忙しくノルマを課せられたりアフターをこなさないといけなかったりすることを重荷に感じる人も少なくはありません。
そんなときにシフトに入りたいときに入れて、ノルマもアフターないキャバクラ派遣はありがたい存在です。
トラブルが起こっても派遣会社に守ってもらえるため、社会経験の少ない学生も信頼して働くことができるのでしょう。

 

20代後半の女性も意外と多い!

f:id:job-shift:20170529105149j:plain


キャバクラでは25歳未満の人気が高いとされていますが、実際のところ25歳を超えてから派遣に登録する人が多いのだとか。
これくらいの女性が抱えているバックグラウンドは「日中の仕事の給料が安すぎるからキャバクラで働きたい。でも残業がある日も多くて、毎日はシフトに入れない。」というもの。
また大学を卒業して就職できたはいいものの、数年働いても一向に昇給しない現実に愕然として副業としてキャバ嬢を選択する人が多いのではないのでしょうか。
「ノルマ達成のボーナスが出ないのはちょっと寂しいけれど、どうせ10代や20代前半の子には勝てないのだから、そんなにランキングは気にしない。がつがつせずに最低時給分の給料はきちんと確保したい。」と割り切って考える女性も絶対にいるはずです。

 

キャバ嬢も二極化?アラサー女性は専門店で見つける!


キャバ嬢の若年化が進んでいると書きましたが、その一方で30歳を過ぎてもキャバ嬢として働く女性が増えているのです。
確かに「美魔女」という言葉が流行するくらい、最近は30歳を過ぎても美しい外見を保っている女性がいますよね。
熟女専門店のキャバクラもあり、アラサー女性はそちらの店への派遣を希望することが多い様子。
最初から熟女キャバクラを選んでおけば「もっと若い子にしてよ」と客に言われて嫌な思いをすることもないと考えているのでしょう。
家庭や仕事があるからしっかりシフトには入れないけれど、過去キャバクラで働いていたバックグラウンドを糧にもう一度ひと花咲かせたいと思う女性もいます。
シビアに結果が出るランキング制度もなく、マイペースで働けるキャバ嬢派遣はアラサー女性にとって便利な存在です。


今やキャバ嬢が店と客を選ぶ時代に?

f:id:job-shift:20170529105210j:plain


キャバクラ店が増え続けるなか、当然のことながらキャバ嬢の需要も同時に増しています。
自分の接客に自信のあるキャバ嬢はあえて最初は派遣で入って、さまざまな店を渡り歩き、最も自分に合ったお店を見つけるという方法にシフトチェンジしています。
派遣会社によっては、いつも同じお店にまわしてくれるところもあるようなので便利です。
「面倒くさいキャバ嬢やスタッフが入ってきたら辞めちゃおう!」とドライかつ気楽に考えている女性も増えています。

 

まとめ


キャバ嬢は18歳から30代まで需要がありますが、仕事や学校があったりしてがっつり働けない人が多いです。またノルマを重荷に感じる人も少なくはありません。
そんなバックグラウウンドを持つ女性が、キャバクラ派遣を考えているようですね。
これからキャバクラ派遣はますます拡大していくことでしょう。ますます目が離せなくなりそうです!

 

参考サイト

tano.blog.jp