働き方を考えるブログ※転職サイト運営者の本音ブログ

転職サイトを運営してる中の人のブログです。苦悩や業界についての考察、独自の働き方への意見を発信しています。

非喫煙者が採用条件は合法?企業が喫煙者をふるい落とす理由

f:id:job-shift:20170905134401j:plain

 

喫煙者に対する風当たり、日を追うごとに強くなっていますよね。
ちょっと狂信的に感じてしまうのは、自分だけでしょうか?
そもそも単なる嗜好品のひとつで、国が使用を認めているもの。そこら中に売っていますし。
そこで、喫煙を条件に採用の合否を判断することについて、考えてみます。


星野リゾートの「非喫煙者採用」の不思議


結果から言うと、これは「合法」とされました。結構最近の話なので、覚えている方も多いと思います。


一応、日本の憲法では「経済活動の自由」を認めているため、企業が「特定の思想や信条を理由に採用を拒否しても違法ではない」という判例が過去にあります。
ただ、タバコを吸うことが「思想や信条」に当たるかは微妙な気がするのですが…。


あくまでも嗜好品なはずで、理屈の上でアルコールや食べ物の好き嫌いと何が違うのでしょう?


星野リゾートでは、「たばこには中毒性があって集中力が落ち、作業効率が落ちる」という理屈を展開していますが、これもちょっと気になります。


例えば「野菜が嫌いな人、食べられない人はビタミン不足で不健康になりがちで、作業効率や集中力が落ちる」という理屈、通用するんですかね?
肉でも魚でも全く同じことがいえます。


実際、野菜不足で病気になる人結構いますよね。野菜を日常的に食べているかどうかなんて、タバコより判別しにくいですし。
それにお酒なんか、ある意味タバコ以上に作業効率落ちますよ。二日酔いの人、午前中いっぱい使い物にならないじゃないですか(笑)

news.mynavi.jp

 

結局は心証やブランドイメージなのでは?


そう考えると、嗜好品を理由に採用を拒否っていうのは、法律的には問題がなくても理屈としては抜けがあるように思います。
しかし、喫煙者かどうかを採用の判断に加える風潮は、確実に広まっている気がします。なぜでしょうか?


それは、「喫煙=悪」というイメージが不自然に強まっているからです。


大半は副流煙による周囲への影響が発端だと思うのですが、これを克服する便利な道具は最近バンバン売れてますよね?
アイコスみたいな加熱式で煙もニオイもまき散らさないやつです。


これを言うと「息が臭い」と反論されますが、じゃあお酒は?ニンニクは?餃子も焼肉も嫌いな人にとっては地獄ですよ。

 

私個人しては、喫煙を非難すること自体が「企業のブランドイメージ」や「消費者の心証」を良くすることから、対策しているに過ぎない気がします。
あとは話題性による宣伝効果ですかね。

 

禁煙・嫌煙は悪ではない。タバコ「だけ」が標的なのが悪

f:id:job-shift:20170905134500j:plain


私自身、タバコは辞めました。理由は単にお金がかかるのと、吸うところを探すのが大変だから。
正直、他人の迷惑はあまり考えていません。もともと禁止されているところでは吸いませんでしたし。

 

私が違和感を覚えるのは、タバコ「だけ」が標的になっている不自然さに対してです。
アルコールなんか脳に直接侵入して思考をかき乱し、果ては殺人行為にまで発展するのに、ろくに規制されません。


アルコールとゲロのにおいがまざった終電の車内、非飲酒者にとっては地獄です。それでも規制されません。
タバコ並みに規制を厳しくするなら、日常的な飲酒者は運転免許剥奪くらいになってもおかしくないのです。


日本がアルコールに寛大すぎるというのはありますが、ちょっと異常だと思いますね。

したがって、喫煙「だけ」が採用の条件になる社会には違和感があります。
どうせ規制するなら、アルコールもセットでやってくれたら納得するんですけどね。

gigazine.net

 

加賀を日本一働きたい温泉に?KAGAルートの雇用促進計画って何だ  

f:id:job-shift:20170816132225j:plain

 

皆さんは石川県にある加賀と言う土地をご存じですか?かつては加賀百万石と言われた前田利家が治めた土地で、今は全国有数の温泉地として知られている土地です。

今、加賀は深刻な人材不足に陥っています、というのも北陸新幹線ができ、加賀に足を運ぶ観光客が増えてきているからです。

 

これに対して、自治体はkagaルートという施策をとり、人員補強の方針を打ち出しました。具体的な方針は以下の通りです。

 

加賀市加賀温泉郷と求職者が直接つながるルート(route)の開拓

・宿泊事業者の雇用促進、働き方改革、経営合理化の根底となる基礎(root)の構築

 

また、転職サイトなどの媒体を作らず、イベントなどを利用したプロモーションを人材会社とタッグを組むというのも特徴のようです。

さて、前置きが長くなりましたが、今回、私の目線で加賀市のあるべき人員補強政策を考えてみたいと思います。

www.ad-vantage.jp

 

人材を呼び込むために~ターゲット選定~

まずは、採用ターゲットを明確に選定する必要があります。私なりに考えたターゲットは以下の通りです。

 

➡Uターンの新卒・第2新卒

➡40代~50代のドロップアウト

➡20代~30代のフリーター

➡低年収層

 

まず地方・観光産業というのは前提としてよい人材が集まりにくい地域・業種です。普通に採用活動をしていて決まるイメージがあまり沸きません。

なぜ、地方・観光産業は決まりにくいかというと、地元の方以外は基本的には都会志向の人材が圧倒的に多いため。まず地方に行くというイメージがありません。加えて、観光産業は休みが不定期になります。特に土日休めません。将来的なライフプランニングをするのに、不安を感じてしまいます。

ですので、大々的なプロモーションを打つにしてもターゲットを決めることが重要です。上記のターゲットは、地元人材と転職弱者にあたる人材を集めるのが、言葉は悪いですが「手っ取り早い」ためピックアップしました。

 

人材を呼び込むために~加賀の観光産業で働くベネフィットを提供~

f:id:job-shift:20170816132530j:plain

上記の通り、北陸に行く、観光産業で働くという障壁は非常にあると考えるべきです。そのため、北陸で働くベネフィット・利益を考え・提供するべきでしょう。

例としては以下の通りです。 

 

例1:可処分所得が増えるなどのお金に関するメリットを伝える

年収はおそらくそんなに高い金額を提示できないでしょう。ただし、自治体が家賃補助をする、しかもそもそも家賃が高くない、都会と比べていろんなコストがかからないので貯金ができます、お金をたくさんストックできますなど、あえて地方で働く経済的メリットの提示が必要です。

 

例2:独身者 既婚者双方のメリットを提示する

既婚者にとって大事なのは子供との時間を作ることです。具体的に言えば、月に数日は子供との時間を作れるかどうかです。そのため、土日休みを月に3日程度は作れる、子供の休みの時期に連休が取れるなどの制度があるかが重要です。

 

また、独身者にとっては、暇をつぶせるか、遊べるかなどプライベートの充実です。

そのため、街コンイベントなどと連動させ、出会いの機会をちゃんと提供できるかということは考えなければなりません。都会を離れて孤独を避けるような仕組みを作ってあげる必要があります。

 

石川県加賀温泉郷のプロモーションについて

f:id:job-shift:20170816132014j:plain

今回は上述のように、転職サイト・人材広告を使わない方針を使っているようですが、イベント誘致に使ってもいいかもしれませんね。ただ、重要なのはどうやって人を集めるかということなので、あえて似たようなほかの自治体とタッグを組んで進めていくというのが重要かもしれません。

 

<まとめ>

f:id:job-shift:20170816132156j:plain

今回kagaラインに関しては、プロモーションに関しての施策に重きをおいており、それ自体は非常に良いかと思います。ただ、プロモーションについては理解したものの、ベネフィットが見えてこなかったので、あえて求職者のベネフィットに関する点を中心にお話をしました。

 

プロモーション施策を活用し、ベネフィットをしっかり提供していくことが大事ですし、ほかの自治体の呼び込み政策においてもそのような施策が成功を収めています。

働く人は働くための理由と働かない理由をつぶしていくことが重要です。この文章にどれだけの影響力があるのか知りませんが、1転職エージェントの意見としてぜひ一考してもらえたらうれしいです。

 

加賀もいいけど、やっぱ京都も素晴らしいよね...

b.hatena.ne.jp

 

【マイナビ転職EXPO名古屋】日本最大級の転職イベントの内容は?

 

f:id:job-shift:20170816112420p:plain


最近は転職市場の活況からか、転職イベントの開催が活発化しています。
私も過去に何度か足を運んだことがありますが、思った以上に現実的な活動ができるようで、沢山の会社と求職者がコミュニケーションをとっていました。

今回はそんな転職イベントの中でも、国内最大級と名高い「マイナビ転職EXPO名古屋」について紹介します。

tenshoku.mynavi.jp


転職成功までをワンストップで体験できるイベント

f:id:job-shift:20170816112749j:plain

転職活動は普通、エージェントに登録した後に

ヒアリング⇒求人紹介⇒面接⇒内定

といった順番を経て成功します。
しかし、このプロセスには非常に時間がかかりますし、タイミングによってはうまくいかないこともあるわけです。

一方、このマイナビ転職EXPOでは、

・特別スカウト

・キャリア相談

・採用担当者とのコミュニケーション(採用者からの直接スカウト)

など、実際に採用側企業と顔を合わせたセッションが盛りだくさんで、まさに転職成功まで一直線に突き進むことができます。

正直なところ、この1日で転職活動が9割がた成功してしまう人もいるのではないか、という充実ぶりです。

転職イベントいうよりも、採用イベントといったほうが近い気さえしますね。企業側の本気ぶりが伝わってきます。
企業側の積極性がにじみでているイベントだと思います。


求職者に対する細かな配慮も

f:id:job-shift:20170816112716p:plain

その場で履歴書の提出を求められた人用に、履歴書用写真の作成コーナー(4枚まで無料)があります。
転職を決める気はなかったけれど、企業とコミュニケーションをとるうちに気が変わった、という人でも安心ですね。

転職は縁であり、タイミングが重要なものですから、「急に舞い降りたチャンス」に対する配慮はメリットが大きいと思います。

また、入場は当然無料なうえにスーツ非着用でも何ら問題なく、履歴書や職務経歴書の持参義務すらありません。

ちょっと様子見のために手ぶらで立ち寄ることも勿論可能。
企業側としては、少しでも多くの人材と出会いを求めているため、形式的なハードルを極力取り払いたいのではないでしょうか。

お互い、普段着ベースで忌憚のない意見交換ができれば、企業と人材とのマッチングにも役立ちますしね。
何事も、形だけにこだわっていては本質が見えない、ということでしょう。本当に気軽です。


マイナビ転職EXPOに参加した人々の感想・意見など

実際に参加したことがある人からは、こんな感想・意見があるようです。

採用面接よりも気軽で、採用担当者も雑談ベースで業界の情報や会社の考え方を話してくれた。
普段表には出てこない情報なので、非常に有益。しかし人気企業のブースは常に混雑しており、人気の偏りが大きいように感じた。

 

まったく眼中になかった(失礼ですが…)企業の採用担当者から話しかけられ、思いのほか自分とマッチしている企業だと感じた。
その時点では採用にいたらなかったものの、結果的に2か月とたたず同業種の企業から内定をもらえたので、ためになったと思う。

 

気軽で手ぶらOKといいつつ、真剣な人は真剣そのもの。ただし、本当に外出の途中に立ち寄ったような人もいて、落差が激しかった。
雰囲気としては、異業種交流会以上、採用面接以下の緊張感といった感想を持ちました。どう使うかは、本人の心構え次第だと思います。


個別&交流が強みのマイナビ転職EXPO

f:id:job-shift:20170808124602j:plain

マイナビ転職EXPOでは、個別にコンサルタントとの相談ができるほか、沢山の企業と腹を割って意見交換をするチャンスでもあります。
自分の適正、志向、希望を分析しつつ、転職のチャンスを逃さないためには最適なイベントといえるでしょう。

非常に間口が広いイベントですから、本気モードの方も情報取集目的の方も、時間の無駄になることはまずないはずです。

メジャーなイベントなので、形式的かと思いきや、良い意味で期待を裏切られるということが多いイベントですからね。
肩の力を抜いて、効率よく転職活動を進めるには絶好の場だと思いますよ。

 

このような事態になってしまった方こそぜひ行ってみては...?

b.hatena.ne.jp

スマホで簡単に金稼ぎできるアプリって胡散臭い!どんな仕組みなの?

f:id:job-shift:20170809001345j:plain

お金稼ぎ系のアプリって本当にたくさんあるんですよね。

iphoneでもAndroidでも、「お金稼ぐ」「お金稼ぎ」といったワードを打ち込むだけで、ずらっと甘い言葉を並べた名前のアプリが出てきます。
あ、もちろん中にはゲームもありますけどね。ゲームを除外しても結構な数が見つかります。

これらちょっと怪しいアプリは、本当にお金が稼げるのでしょうか。
本当だとしたら、どんな仕組みなのでしょうか。


「お金稼ぎ」で検索すると出てくるアプリの例

情報商材系アプリ

f:id:job-shift:20170809000742j:plain

いわゆる情報商材に誘導するアプリですね。
「初心者でも手軽に稼ぐ方法」「稼げる副業」なんていうワードが入っているようなタイプです。

アプリ自体に機能があるというよりは、宣伝ツールのようなもの。
実体は情報商材を購入させるように誘導したり、個人の連絡先を集めて名簿を作成したりといったことが目的なので、ダウンロードした本人はほぼ間違いなく稼げません。

でもなぜか「☆5評価」が多数ついてたりしますよね?
これは、高評価をしたり、誰かを紹介したりといった活動がお金に変わるからです。
ようは口コミの宣伝部隊なんですよね。

ということで、ダウンロードした本人ではなく、情報商材を売っている人と、その宣伝をする人のためのツールです。


ポイントサイト系アプリ

f:id:job-shift:20170809001313j:plain

ポイントサイト系のアプリですね。
これは場合によって、少額なら稼げます。

大手なら、げん玉やモッピーなんかが有名だと思います。
アプリ内でアンケートやゲーム、簡単なライティングをしたり、アプリ経由でサービスやモノを購入すると、それに応じたポイントが付きます。

付与されたポイントは、一定のレートで現金に交換できるため、うまく使えば月に数千円から数万円は射程範囲でしょう。

これは怪しくもなんともなく、10年以上前からある方法をアプリ化しているものです。
大儲けとは縁遠いですが、手堅く気長に小遣い稼ぎができるものは確かに存在します。
ただし、運営実績がしっかりしているポイントサイトのアプリだけを使うべきです。
ポイントは稼げたけど換金できない、なんていう話がたまにありますから。

 

お金稼ぎ系のアプリは大体このどちらか、と考えて間違いないでしょう。
情報商材系は近づかないほうが無難ですし(まともな情報商材もありますが、こんな怪しいタイトルでは販売しません)、ポイントサイト系はひたすら地味にコツコツ稼ぐタイプです。「楽して大儲け」の類ではないので注意してくださいね。


ポイントサイトアプリのおすすめな使い方

f:id:job-shift:20170809002157j:plain

私は決してポイントサイトと繋がりがあるわけではないのですが…使い方によっては十分利益がでるので、実際の経験を紹介します。

大手のポイントサイトでは、月額課金系アプリやクレジットカード契約、日用品の購入なんかでポイントがつきます。
こういった、生活の中で必要になるものは、こまめにポイントサイトを通して購入すると、かなりポイントがたまります。

モッピー、げん玉、予想ネットとか、色々ありますね。
例えば、クレジットカード契約なら普通に契約するのがもったいないくらいポイントが付きます。

pc.moppy.jp

入会成立で数千円といった感じですね。これは単純にポイントサイトが広告業をやっていて、そのキックバックから報酬が払われる仕組みです。

しかし、毎月一定額必ず稼げるといった類のものではないので、まあ暇なときにチラ見する程度の使い方がおすすめですね。

欲しいものがあるとき、どの経路で買うのが一番得かなーという候補のひとつに入れる感じです。

 

ポイント貯める方法もいろいろあるんですね。

b.hatena.ne.jp

DODAのCM「条件は、今よりいい会社。以上。」に納得いかない件

f:id:job-shift:20170808130650p:plain


転職を考えるとき、なんとなく「今よりいい会社がいいなあ」って思うことありませんか?
特に深く考えることなく、疲れた頭でぼーっとこんなこと考えたりしますよね、残業中とか…。


転職サービス大手のDODAでも、「条件は、今よりいい会社。以上。」なんていうぼんやりしたキャッチコピーを使っています。


でも、「今よりいい」って一体なんでしょう?
何が今より良ければ、人は満足して働けるのでしょうか。

doda.jp


ごく一般的な「いい会社」は本当にいい会社か?

f:id:job-shift:20170724101848j:plain


まず、一般的に「いい会社」と言われる会社の条件を整理してみたいと思います。


・大手もしくは大手の完全子会社で売り上げが安定している
・定期的に昇給する、昇給カーブがしっかりしている
・退職金、社会保険、独自の福利厚生など人生設計がしやすい制度がある
・他人に仕事を尋ねられたとき、ぼかす必要のない業種

 

大体こんなところでしょうか。
しかし、こういう典型的な「いい会社」は、意地悪な言い方をすれば「(世間体が)いい会社」なんですよね。
本人がストレスフルで毎日イライラしながら仕事をしているようなら、本人にとっては全然「いい会社」じゃありません。
まさに私がそうでした。
また、最近は若者を中心に「いい会社=個人の満足感を高めてくれる会社」という図式があるので、
世間体の良い会社っていうのは以前ほどウケない気がします。


じゃあどんな会社が「いい会社」なのか?

では、「いい会社」とはどういう会社なのでしょう。

私なりにケース別で考えてみたいと思います。

スキルの幅を広げたい人⇒中堅中小の優良企業

f:id:job-shift:20170808234022j:plain


スキルの「深さ」よりも「幅」を広げたい人の場合です。
専門性よりも「出来ることのラインナップ」を増やしたい人ですね。
こういう人は、会社規模は小さくても自分に大きな裁量を与えてくれる会社に転職すると満足できるかもしれません。
収入面は現状維持~微減くらいでも、モチベーションや仕事の面白さが勝りますから。
ただ、「何でも屋」になりすぎてキャリアの方向性を見失わないように注意です。

スキルの専門性を高めたい人⇒ベンチャーもしくは大手企業の専門職

f:id:job-shift:20170808234034j:plain


実は難しいのがこっちだと思います。同じ環境で同じことをやってみても専門性は高くなりません。
かといって、専門性の高さを求めて転職すると、自然に同業他社、しかもやや格上の会社になりがちなので、転職活動は難航します。
自分への投資と割り切って自学自習に励んだり、ベンチャーへ転職したりといった方法がベターでしょう。

単純にお金が欲しい人⇒ケースバイケース

f:id:job-shift:20170808234102j:plain


収入アップを実現させる最も簡単な方法は、主に2つです。
ひとつは、ポジションはそのままで、今の会社よりも社格が高く、より上位の商流にいる会社に転職することです。
ただ、これはかなり難しいので、転職エージェントをフル活用して年収交渉をしてもらったり、市場調査をしてもらったりする必要があります。


もうひとつの方法は、社格を下げてポジションを上げることです。
大手の係長級からベンチャーの事業部長級へ転職、といった感じになるでしょうか。
自分の役職があがって、会社の格(規模や知名度、影響度)は下げる感じですね。

ライフワークバランスを重視する人⇒雇用形態や働き方自体を変える

f:id:job-shift:20170808234344j:plain


もはや「いい会社」という条件からちょっと外れていますが、正社員雇用を辞めて派遣やフリーランスになるというのも満足度を高める方法のひとつです。

親の介護や子育て、その他もろもろの「個人的な事情」をクリアすることが満足につながるなら、十分にアリです。
当然リスクはありますが、しかし正社員でもリスクはありますし、そもそもノーリスクな働き方なんてありません。


「いい会社」は「何が?」をはっきりさせると浮かんでくる

f:id:job-shift:20170808234002j:plain


こんな感じで、いい会社とは「何が?」をはっきりさせないと見えてきません。
今は個人の事情や志向が多様化しているので、自分の希望を全部満たす会社を見つけるのが難しくなっています。


やれることを増やしたいのか、専門性を高めたいのか、プライベート重視か、お金かといったように自分が「何を」欲しているかを徹底的に整理すると、結構「いい会社」が浮かんでくる気がします。
漠然と転職を考えている人は、まずこのあたりを考えてみると、納得のいく転職につながるんじゃないでしょうか。

 

少なくともこれは絶対「いい会社」がやることじゃないなぁ...

b.hatena.ne.jp

 

ちなみに、DODAについて詳しく記事書いてます。

success-job.jp